水菜巻のメモ的ななにか。

主にLinuxやAndroid、PC関連について書いていきます。

"EaseUS Data Recovery Wizard"でデータ復旧を試みる!


スポンサーリンク

mizna.hatenablog.com

先日のついうっかり事件でフォーマット+OSデータ上書きしてしまった外付けHDDからデータ復旧できるかいくつかのソフトを使って試しています。

今回は"EaseUS Data Recovery Wizard"でデータ復旧ができるか試してみました!

目次

EaseUS Data Recovery Wizardとは

jp.easeus.com

世界180国以上でデータ関連サービスを提供するEaseUS社のデータ復旧ソフトです。

DellMicrosoftMcafeeなどの法人のお客さんにも使っていただいているみたいですね!

検出率はかなり良いほう

まずは無料版でディープスキャンを行い、検出率が良さそうであればそのまま復旧に入ります。

ディープスキャン中
ディープスキャン中

検出率はかなり良さそうですね!

しかし、無料版では残念ならが500MBまでしか復旧できない制限がついています。
※SNS共有すると最大2GBまでに増えます。

外付けHDDの容量は約600GBなので、無料版ではお話になりません!

製品版だと復旧可能なファイル容量は無制限になります。
製品版だと復旧可能なファイル容量は無制限になります。

そんなわけで結局、有料版を買ってみることにしました。

有料版にアップグレードしてみた

個人的にネットでライセンス購入すると手元にパッケージが届かないので何かあったときにちょっと不安かなと思っていた時期が私にもありましたが、実はライセンスを手元で保管することにも紛失をしてしまうリスクがあります。

あとは火災や震災などで消失してしまうことも。

あとは場所を食うのも探すのもちょっと嫌ですね!

とはいえ、コンピュータ上でも今回のようにデータ消失してしまうこともありますので、一番は手元にまとめてライセンス管理しておく方がいいのかもしれませんね!

さて、さくっとライセンス認証を行います。

自分の場合はウィンドウ右上にある「有料版にアップグレード」ボタンからライセンス認証を終えました。

f:id:miz7maki:20180816003813j:plain

ライセンス認証すると「有料版にアップグレード」のボタンが消えます。
ライセンス認証すると「有料版にアップグレード」のボタンが消えます。

結果

外付けHDD内には文書、写真、音楽、動画ファイルなど様々な形式のファイルが存在していたので、今回は写真ファイルだけでどのくらい復旧できたのかを確認してみました。

復旧できたファイルのカウントに関しては画像ファイルの総数から破損していたファイル数を引いて出しています。


ディープスキャンで検出された画像データ

分類ファイル数
検出できたファイル1244
復旧できたファイル952



復旧率検出できたファイルに対する復旧率(8/16修正)
復旧率 検出できたファイルに対する復旧率 76.5%


そこそこではないでしょうか!

ただ残念なことに自分が欲しかったデータは破損していて開けませんでした。。。orz

(8/16追記)
今回は元々存在していたファイル数が不明のため、正式な検証はできませんでした。

検証というよりも体感に近いものだったと思われます。

また別途検証の方はやっていきますね!

まとめ

  • 検出率はかなり良い
  • 76.5%とそこそこの復旧率検出できたファイルに対する復旧率
  • 欲しいデータが破損していたorz


次回はデータ復旧ソフト「復旧天使」編を書くかもしれません!

それでは!